骨折,後遺障害認定,変形障害
トップページへ
上肢・下肢,骨折,後遺障害
痛み・シビレなどの
症状について
関節の可動域制限
(関節機能障害)について
変形障害について
むち打ちについて
(専門ページへ)
高次脳機能障害について
(専門ページへ)
   
上肢・下肢,骨折,後遺障害
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


上肢・下肢の骨折と後遺障害認定に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

変形障害について

上下肢の変形障害は読んで字のごとく、
交通事故で手足の一部が変形してしまった状態のことです。

この変形障害は、レントゲン写真で客観的に確認できますので、
折れた骨が回旋してくっついてしまったといった、特殊なケースを除いて、
医者以外の方でも、変形障害はレントゲン写真で確認することができます。

骨の変形は、基本的に外部から見て分かる程度ということで、
15度以上曲がっていることが要件とされています。

また、骨折した場所というのは、くっつく際に骨が太くなりますが、
この骨が太くなった状態は、元通りに治癒するための自然経過のため、
変形障害としては認められません。


骨折,後遺障害認定,変形障害

骨折,後遺障害認定,変形障害 骨折,後遺障害認定,変形障害 骨折,後遺障害認定,変形障害 骨折,後遺障害認定,変形障害 骨折,後遺障害認定,変形障害 骨折,後遺障害認定,変形障害