骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定
トップページへ
上肢・下肢,骨折,後遺障害
痛み・シビレなどの
症状について
関節の可動域制限
(関節機能障害)について
変形障害について
むち打ちについて
(専門ページへ)
高次脳機能障害について
(専門ページへ)
   
上肢・下肢,骨折,後遺障害
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


上肢・下肢の骨折と後遺障害認定に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

痛み・シビレなどの症状について

骨折,後遺障害認定,変形障害

骨折後の痛みやシビレについては、交通事故による後遺障害と判断された場合、「局部に頑固な神経症状を残すもの(第12級13号)」と「局部に神経症状を残すもの(第14級9号)」のいずれかが適用されることになります。

灼熱痛など、特殊な性質の痛みについてはこの限りではありませんが、骨折後に生じる痛みやシビレについては、局所の神経症状として、基本的に第12級か第14級か、いずれかの障害等級となります。


【第12級と第14級の違い】
・第12級=痛みやシビレの症状の存在が客観的な検査結果によって、他覚的に証明されているもの。
・第14級=痛みやシビレの症状の存在が医学的に推定できるもの。

痛み・痺れの後遺障害認定についてお悩みの方は、
ぜひサポート行政書士法人にご相談ください!


骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定

骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定 骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定 骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定 骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定 骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定 骨折,痛み,痺れ,後遺障害認定